先生!てんかん(癲癇)治療の名医を教えて下さい。
A回答一覧
  1. <てんかん治療なら>

    1.てんかん治療の名医でしたら、国立精神・神経医療研究センター病院てんかんセンター(東京都小平市)は専門的な検査ができるためお薦めできます。

    センター長を務める中川 栄二(ナカガワ エイジ)先生は、てんかんや発達障害の予防と効果的な治療・療育の開発研究の業績を評価され、平成27年にはてんかん研究褒賞を受賞されています。

    2.むさしの国分寺クリニック(東京都国分寺市)の大沼 悌一(オオヌマ テイイチ)名誉院長と加藤 昌明(カトウ マサアキ)院長はてんかん治療の名医として有名です。

    大沼先生は、長年のてんかん学への貢献が認められ天皇陛下より瑞宝中綬章、公益財団法人てんかん治療研究振興財団より研究功労賞を贈られるなどてんかん学の第一人者です。

    お二人とも長年地域のてんかん患者様を多く診療され、患者様に寄り添った医療を実践されております。

    3+
  2. <脳波検査で診てくれる、てんかん治療のエキスパート>
    横山クリニック(東京都豊島区)の横山 尚洋(よこやま なおひろ)先生は、てんかん専門医であり てんかんの治療に力を入れており脳波検査をおこなっている名医です。
    横山 尚洋先生は、慶応大学医学部卒業されたあと国立小児病院(現在 成育医療センター)、大泉病院、大塚病院で年間数千件の脳波判読に携わた後に開業されています。

    0
  3. <海外でてんかん治療を学んだ医学博士>
    私がてんかんの治療で全幅の信頼を置き、今までも患者さんを紹介してきたのが、TMGあさか医療センター(埼玉県朝霞市)の脳神経外科 てんかんセンターのセンター長・統括部長である、久保田有一先生です。
    久保田先生は1998年に山形大学医学部を卒業後、東京女子医科大学での勤務を経て、アメリカとフランスで学び、2011年よりTMGあさか医療センターの脳神経外科部長を務められています。
    医学博士としててんかんについての著書も多数あり、とても信頼できる先生です。てんかん治療で悩んでいるなら、ぜひ一度相談されることをおすすめします。

    1+