須田直史

須田直史 すだ ただし

住所:神奈川県川崎市多摩区南生田4-20-2
電話:044-969-1211
出身大学:聖マリアンナ医科大学
回答数: 3
役に立った数: 14

須田直史 先生の回答一覧

Q先生!椎間板ヘルニアの名医を教えて下さい。

<椎間板ヘルニアPED手術の第一人者>
PED(経皮的椎間板ヘルニア内視鏡下摘出手術)の第一人者といえば、医療法人社団明隆会 出沢 明 PEDクリニック(東京都世田谷区・川崎市多摩区)の出沢 明院長先生です。

先生は2003年に日本で初めてPED手術を導入し、2004年には椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症を治療する専門クリニックをオープンされました。
テレビや雑誌といったメディアでも度々特集が組まれ、世界的にも有名です。自ら手術を行うだけでなく教育や日々の研究にも力を入れておられ、まさにスーパードクターと呼ぶにふさわしい先生です。

Q先生!鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸)の名医を教えて下さい。

<そけい部ヘルニアの日帰り手術で高い実績>そけい部ヘルニアや下肢静脈瘤有名の日帰り手術で有名なドクターといえば、医療法人社団みやざき外科・ヘルニアクリニック(札幌市中央区)の宮崎 恭介先生です。先生は聖マリアンナ大学の後輩で、当時から非常に優秀でした。卒業後は愛育病院と北大病院に勤務し、2003年に北海道内で初めてとなる日帰り手術専門のクリニックを開院されました。開院以来、一貫して日帰り手術を行っており、朝9時半に手術を開始し、問題がなければ15時には帰宅できます。当医院からも患者さんを数多く紹介してきました。

Q先生!下肢静脈瘤手術の名医を教えて下さい。

<下肢静脈瘤の手術を得意とする心臓外科医>
下肢静脈瘤の手術をはじめ、虚血性心疾患・弁疾患・大血管疾患などの外科手術でも実績のあるドクターとして私が信頼しているのが、医療法人社団誠馨会 新東京病院 (千葉県松戸市)の心臓血管外科部長、北中 陽介先生

先生は心臓を専門とする外科医として、心疾患に対して行われる冠動脈バイパス手術や、心臓弁膜症の手術など、難易度の高い外科治療に実績のある優秀なドクターです。
同院では下肢静脈瘤のレーザー治療も行なっており、その場合は切開は一箇所、局所麻酔での手術となります。そのため、日帰り、もしくは1泊入院での手術が可能です。