山田 広志

山田 広志 やまだ ひろし

住所:〒215-0022 神奈川県川崎市麻生区下麻生3-21-5 麻生メディカルセンター2F
電話:044-987-7755
出身大学:横浜市立大学医学部卒業
出身地:横浜市
回答数: 7
役に立った数: 35

山田 広志 先生の回答一覧

Q先生!股関節の名医を教えて下さい。

<股関節治療の第一人者>
横浜市立大学病院(神奈川県横浜市)整形外科教授の稲葉 裕(イナバ ユタカ)先生をおすすめいたします。
稲葉先生はあらゆる股関節手術に精通されており、股関節治療の第一人者で、「国民のための名医ランキング」にも掲載されています。
また横浜市立大学病院の整形外科は、人工股関節全置換術について最先端のロボット手術を行える数少ない施設です。

Q先生!足根管症候群の名医を教えて下さい。

<足根管症候群なら>
足根管症候群の治療でしたら、足の専門外来である足の外科を受診してください。
聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)の足の外科チームが有名です。
保存療法から手術療法までエビデンスに基づいた治療の選択肢があるので、ご相談してみてください。

Q先生!肩・四十肩・五十肩の名医を教えて下さい。

<Best Doctors2020-2021に選出>
四十肩、五十肩の治療でしたら、麻生総合病院(神奈川県川崎市)スポーツ整形外科部長の鈴木 一秀(スズキ カズヒデ)先生が有名です。
専門はスポーツ整形外科、肩肘関節外科、関節鏡視下手術で、これまで2,000件以上の肩関節の手術経験をお持ちです。
早稲田大学ラグビー部のチームドクターを務めるなどスポーツ領域の肩障害に精通されており、Best Doctors2020-2021にも選出されています。

Q先生!変形性足首治療の名医を教えて下さい。

<足首の治療なら>
足首の治療でしたら、聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)の足の外科チームがおすすめです。
足の外科チームは、40年以上の伝統のある部門です。教授の仁木 久照(ニキ ヒサテル)先生は、年間300件近くの手術を行い、足の外科学会の理事も務められています。

Q先生!東京都多摩地区で半月板損傷手術(削る、縫合)の名医を教えて下さい。

<半月板治療なら>
新百合ヶ丘総合病院(川崎市麻生区)の藤澤 隆弘(フジサワ タカヒロ)先生をおすすめします。
専門は関節鏡手術で、藤澤先生の内視鏡手術は上手だと有名です。
また、Jリーグチーム町田ゼルビアのチームドクターも務められるなどスポーツ領域にも精通されています。

Q先生!神奈川県でへバーデン結節の名医を教えて下さい。

<手の外科なら>
へバーデン結節は自然に痛みがなくなる場合が多いのですが、症状が改善されない場合は、昭和大学横浜市北部病院(横浜市都筑区)か平塚共済病院(平塚市追分)の手外科が大変有名ですので、かかりつけの先生から紹介状を書いていただくのがよいと思います。

Q先生!脊柱管狭窄症の名医を教えて下さい。

<内視鏡手術なら>
腰部脊柱管狭窄症の治療でしたら、麻生総合病院(神奈川県川崎市)の脊椎・脊髄病センターをおすすめいたします。センター長の森下 益多朗(モリシタ マスタロウ)先生は、脊椎・脊髄の内視鏡手術が専門です。