赤石 由佳子

赤石 由佳子 あかいし ゆかこ

住所:東京都大田区田園調布2-22-4
電話:03-5483-7781
出身大学:日本医科大学
回答数: 4
役に立った数: 11

赤石 由佳子 先生の回答一覧

Q先生!原田病治療の名医を教えて下さい。

<ぶどう膜炎の名医>

東京医大付属病院の後藤 浩教授が(東京都新宿区)がおすすめです。

ぶどう膜炎を専門としている名医です。
ベーチェット病、サルコイドーシス、Vogt-小柳-原田病、桐沢型ぶどう膜炎などに対し、迅速かつ正確な診断を行っています。
原田病はぶどう膜炎外来に行けば診てもらえます。

Q先生!後部強膜炎治療の名医を教えて下さい。

<眼科医の名医>

都内であれば、東京医大付属病院の後藤 浩教授が(東京都新宿区)がおすすめです。

ぶどう膜炎、眼腫瘍のほか、白内障をはじめ眼科手術全般を専門としている名医です。
診療実績も多く、数多くの眼疾患の診断と治療を行っています。
後部強膜炎治療もぶどう膜外来に行けば診てもらえます。

Q先生!目の悪性リンパ腫(眼腫瘍)の名医を教えて下さい。

<IPS細胞の移植系手術なら>
目の悪性リンパ腫(眼腫瘍)の治療・手術なら、大阪大学医学部附属病院(大阪府吹田市)や京都大学医学部附属病院(京都市左京区)などがオススメです。

眼科分野でのIPS細胞の移植系手術に関しては、関西の病院で研究がすすんでおり、目の癌など重篤な病気の場合は、最先端の最高の治療が受けることができます。

Q先生!やけど・ケロイドの名医を教えて下さい。

<やけど・ケロイドの最先端治療>
日本医科大学附属病院(東京都文京区)形成外科・美容外科は、もともと熱傷やケロイドなどの治療で、国内トップの実力を持つ病院ですが、その形成外科の小川令(おがわ れい)先生は、常に最先端の治療、手術を行っているスーパードクターです。

ケロイド外来も行っており、この分野では一番のドクターです。