安藤 一郎さんの回答一覧

回答

<網膜硝子体手術の名医>
杏林大学医学部付属病院(東京都三鷹市)眼科の井上 真(いのうえ まこと)教授は慶應義塾大学医学部卒業で、網膜硝子体手術、黄斑疾患が専門分野で、網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜、硝子体黄斑牽引症候群などの疾患などが得意です。

回答

<保険診療の範囲中で、まぶたの形成手術対応>
まぶたの手術では愛知医科大学病院(愛知県長久手市)の眼形成・眼窩・涙道外科、柿崎 裕彦先生は非常に有名です。柿崎先生は日本眼形成再建外科学会前理事長を歴任しており、当院でも眼形成外科手術を定期的に依頼しております。

東京で、バセドウ病・甲状腺眼症の眼球突出の手術などでは、オリンピア眼科(東京都渋谷区)さんも有名です。

回答

<網膜剥離の強膜バックリング手術なら>
竹内眼科クリニック分院 (東京都台東区蔵前)の竹内 忍(たけうち しのぶ)院長先生は元東邦大学医学部眼科の教授で強膜バックリング手術が非常に上手なドクターです。

若年性網膜剥離には強膜バックリング手術が有効とされてますが、近年では硝子体手術が選択されてしまっており、適切な治療方法が失われてしまう恐れがあります。